ブログトップ

まうたの気まぐれ

mauta.exblog.jp

メイプルストーリーさくら鯖に生息していたかもしれない[まうた]の気まぐれです。。。

師走の最中慌ただしく仕事に追われ、風邪気味だしここらでひと休みしたいぞ、まうたです。
ここではみなさんおひさしで。
メイポではf3ぷりてぃあゃめちゃんが活躍中です。


前記事で書いた家、キッチリゲットしました。
購入価格は



言えないくらい安いです、実質は。



むしろ



タダに等しい。



競売では他の入札がなく、最低価格で落ちた。

書類関係の面倒な事を済ませ、厳密に家を見て回る。
真面目にボロ家だ。
がらくたいっぱい。



あれ。

この皿、古伊万里じゃん…

こっちは江戸ガラスの風鈴、備前の古壺。

オールドノリタケのティーセットまである。

いろいろ漁ると、どんどん出てくる。

ざっと見積もっても…


家の購入価格にリフォーム費用まで捻出できる。


自分でやれば、だけど。


およそ70坪の土地に5DKの家。改装して4LDKにしようと思う。
立地条件の悪さを差し引いても、すごい得をした。



普通の人ならガラクタを処分費用のかかる厄介なゴミと見るんだろうなぁ。



あ、ともとも、固定資産税なら毎月3000円くらいだよ、ここwwwww
[PR]
# by mauta-mauta | 2008-12-27 21:06 | まぅたの戯言
e0059289_12125872.jpg

掴むかどうか、モノによっては悩む人もいるのだろうけど、チャンスは逃したくないのが欲というもの。
放置ブログを何気に再開、ちゃんと生きてるってば、まうたです。


先日、嫁と商品の配達をしていて狭い路地裏に入った時の事。なんだかやたらと目に付く家があった。
周囲は家が離れていて孤立したような、小高い土地にある古びた家。
売り家になっている。
外観にしてもきちんと手入れしたら十分過ぎるくらい住める。
土地も目測で70坪くらいある。
通りが離れていて入り口までは階段を登って行かなきゃならないのが難点ではあるが、見晴らしもよく、子供の頃に想像を掻き立てた秘密基地を思い起こさせる。
眺めていると、隣で嫁が

どうしたの?あれが欲しいの?


よくわかったな。まぁわぃの小遣いで足りればな。

冗談話で済ませ、その日は帰宅。


数日後、店に来た銀行員と話をしていた時の事。
要件を済ませ、いつもの如くいいネタを仕入れようと談話をする。
抵当物件や破産物件、新規の顧客を紹介したり、されたりと、何気ない話題から膨らむ双方の利益とは侮れないものである。無論、個人情報に関わるものはそこでの会話には出さない。あくまでも世間話なのだ。
弁護士ともたまに食事しながら世間話する事もあるけど。こっちは大抵聞いてるだけ。何か喋ると揚げ足取られて相談料発生しちゃうからね。

そういえば最近、競売物件任されてしまいましてね、〇〇町の戸建てなんですけどねぇ、立地条件厳しくて買い手が出ないんですよ。難儀な物押し付けられたもんです。

ははは、〇〇町あたりだと●●の家の近所だねぇ、確かにあの辺りは難しいだろうね。

え、ご存知でしたか。本当に●●の近所なんですよ。

ということはあの上の家か、今だと坪いくらくらいするのかねぇ。

あの辺りだと●万が相場ですけど、なんせ孤立した所ですからねぇ。ああ、ちょっとトイレ借ります。この封筒は中身見ないでくださいね、あー、落として中身出ちゃった、ちょっとトイレ間に合わないんで拾ってくれませんか、宜しく!



無論、拾ったら持ち主がわかるかどうか確認するよね。返さなきゃならんしね。


これは…


お小遣いクラスの買い物じゃないか。


条件の悪さで買い手がいないのも頷けるが、それを差し引いても面白い。
しばらく楽しんでその後に賃貸で貸すのも悪くない。

数日後の入札が楽しみだ。
[PR]
# by mauta-mauta | 2008-11-18 12:12 | まぅたの戯言
e0059289_12255351.jpg

息子①:とーとん、何色がいい?

今日はな、ピンクなんだ

息子①:はい、じゃあこれね!




クワガタ?ゲットだぜ!
[PR]
# by mauta-mauta | 2008-09-23 12:25 | まぅたの戯言
e0059289_2241576.jpg

昔から存在していたらしいですね。
[PR]
# by mauta-mauta | 2008-09-13 22:04 | まぅたの戯言
親を呼ぶ子供。

おとうさん、おかあさん。
パパ、ママ。
いや、おっとう、おっかあ?


小さい子供はおとうさんおかあさんと言えず、とーとー、かーかー、と、その呼びかけに嬉しく反応するのも親であったり。



はて。いつからか。


とーとーって息子に呼ばれていた自分。

成長した息子は呼び方も成長している。



とーとん。



嫁はかーかんと呼ばれ、無論、息子の通う保育園でもかーかんと呼ばれるのは嫁だけで。呼ぶのは息子だけで。



の、はずが。

〇〇くんのおかぁさんバイバイ~

●●ちゃんのおとうさんまたね!


かーかんまた明日ね!



園児たちも、息子の親ということは認識しているのだが、嫁を呼ぶ時に限りかーかんと呼ぶ。

完全に固有名詞と化したとーとん、かーかん。


いつぞやは、息子を保育園に迎えに行くと担任の保母さんから

とーとん、このプリント持って帰って下さいね、あ。


定着かよ。
最後の あ ってなんだよ。


んで。


息子たちの密かな楽しみ



息子①:嫁のパンツを高く掲げて振り回す。

息子②:それを横目で見ながら息子①のパンツを頭にかぶってイヒッと笑う。


それを眺めて和むとーとん。

早く子供を風呂にいれてくれ、と洗濯物をたたむかーかん。


未来は明るいな。





タブン。
[PR]
# by mauta-mauta | 2008-09-12 23:11 | まぅたの戯言