ブログトップ

まうたの気まぐれ

mauta.exblog.jp

メイプルストーリーさくら鯖に生息していたかもしれない[まうた]の気まぐれです。。。

たまには文句でも。

e0059289_1254050.gif

画像加工っておもろいね。
以前のPCは画像を開くのも時間かかっていたし、加工最中にダウンしてたからだるくてね。
リサイズしたり、枠や背景と組み合わせたり、やってみたい事はいっぱいあるね。
当面は素材集めと加工かなぁ。
うん、GIFって面白い。


はてさて、ここからはリアルの愚痴。

数日前、義父に頼まれた。
1人、使ってやってくれないか。


義父の友人の息子らしいが、学校に行く気もなくブラブラしているらしい。
義父の頼みを断れる筈もなく、まぁ、明日から来たらいいよ、と。


当日の朝、事務所に来た奴を見てビックリ。


金髪にロン毛と言えば聞こえはいいかもしれない。だが全体に痛みきってクシも通りそうにないその髪ははっきり言って不快だ。
そのうえ、顔は獅子舞のアレに似ている。
いや、似ている事が悪いのではなく、それでいて不貞腐れた表情。実に縁起の悪そうな獅子舞である。
事務所に入って来たそれは、ポケットに手を突っ込んだまま、タバコをくわえて無言。おい、とりあえず撲殺させろ。

みかねて、どちらさん?と聞くと、頼りない声で名前を言った。

なぁ、義父ちゃん、朝からまともに挨拶もできん様な奴、わぃはよぅ使わんで。

そうハッキリ言うと、またボソッっとナマクラな返事。朝から鬱だゎ。
仕方無く現場に連れて行き、全体の仕事の流れと役割を伝え、わぃは他の現場の工程の打合せに行った。


そして約一時間。

わぃは現場に戻った。


奴は…


スコップを杖代わりに寄りかかり、ボーッと立っていた。


何やってんだ?と聞くと、
いつから始めていいか聞いてない、などと言う。
うん、もう埋めていいよね。

杖代わりにしていたスコップを蹴り飛ばし、足を払ってそのまま倒した。帰っていいよ、って。



笑顔で。
[PR]
by mauta-mauta | 2008-03-13 12:05 | まぅたの戯言